【AmazonBlackFriday】開催中!SALEでお得な買い方などはこちら!

焼き芋買いたい!!じゃあ、どこで買う!?購入方法のご紹介!

2 min
スポンサードLINK

焼き芋と言えば、「いぃ~しぃ やぁ~きぃもぉ~っ!」という歌を流している軽トラックの移動「石焼き芋」屋さんを思い出す人も多いはず。でも「焼き芋下さい!」と焼き芋屋さんのおじさんのところへ行って買おうとしたら予想以上に高かったり小分けで売ってくれず食べきれない量を買ったりと苦い経験もありませんか?

昔に比べ、今は色んな購入方法がありますのでご紹介したいと思います。

スーパーマーケット等の店頭販売

今はスーパー等での店頭販売が一番お手軽で、安くて、安定の美味しさでオススメです!道の駅や高速道路のSA等でも売ってる事も有りますね。一本あたりのお値段は高くても200円ぐらいだと思います。閉店間際だと半額だったりして更にお買い得です。最近では安納芋をはじめ色んな品種の焼き芋を置いて有る事も多く手軽に食べ比べも出来ちゃいます。

専用の石焼き芋機で焼いてくれてるので、ちゃんとあま~い焼き方をしてくれています。

冷めたりしてる事も有りますが、自宅で温めなおせば熱くて美味しい焼き芋に復活しますよ!

mig

デメリットとしては、日中は焼きあがっていない事や、夜などは売り切れている事が有って買えない事が有る事ですね。

スーパーに行って売ってたらラッキーって感じで購入すると良いと思います。

焼き芋専門店

一番、美味しく焼き芋が食べれます。各店でこだわりの品種をこだわりの焼き方の焼き芋を一番の食べ頃で食べる事が出来ます。専門店ですのでスーパー等に比べ、売っていないって事も少なく、お店に行けばほぼ確実に美味しい焼き芋を食べる事が出来ます。

yakiimo_mise

デメリットとしては、数が増えてきたとは思いますが、まだまだ焼き芋専門店が少ない事。そして、やはりちょっとお高い事が上げれます。あとは店舗によってはOPENしてる時間が短かったりするかもしれません。

出先でお店を見つけた際等、機会が有れば是非食べたいところでは有りますね!

移動販売

リヤカーや軽トラの移動販売での購入です。一昔前は焼き芋を買って食べたいと思ったらこちらの方法一択でした。少しお高いですが、安定の美味しさを堪能できます。最近では品種も複数有るようです。

デメリットはなんと言ってもどこで売ってるかわからないこと!そしてちょっとお高い事。

あの歌が聞こえた時に焼き芋を食べたくなったら買っちゃいましょう!

ネット通販

最近は直接購入するだけでなく、インターネットで焼き芋を注文し届けてもらう事が出来る時代となりました。美味しくて、電子レンジで温めればすぐに焼き芋として食べれますし、自然解凍させ甘いスイーツとしても食べる事が出来ます。

温めやすいように比較的小さなさつま芋が入っている事が多いので食べる量を調節しやすいのも嬉しいです。

デメリットは食べたくても届くまでに時間がかかってしまいます。また、通販は送料がかかってしまう事が有りますのでまとめて購入をするしかないケースがあります。(一度届いてしまえば冷凍庫に入れておき、好きな量をいつでも食べるようになります。)

まとめると・・・

直接購入の場合は、見つけたら購入をオススメします。そして食べきれなくても冷凍しちゃえば大丈夫です!
ネット購入して常に冷凍庫にストックしておくのもオススメですよ!

冷凍庫の焼き芋は、電子レンジで熱々にしてもよし、ほんのり解凍してアイスのように食べても美味しく食べれます!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です